SugimotoLab


福井県立大学 海洋生物資源学部 水産資源生物学研究室の杉本グループのHPです。私たちは、水と元素の動きから、沿岸海域の豊かさが育まれる仕組みを解き明かすことにチャレンジしています。水環境や沿岸生態系に興味のある学部生・大学院生を募集しています。


連絡先

〒917-0003 福井県小浜市学園町1-1
杉本 亮(すぎもと りょう)
E-mail: sugiryo#fpu.ac.jp 
(#を@に変更してください)

お知らせ

2023/12/21
オーストラリア東部沿岸域の砂浜に形成される地下エスチュアリーにおいて、メタン・窒素動態に微生物群集が果たす役割を評価した論文がEnvironmental Microbiologyに掲載されました。

Created with Sketch.

Sebastian Euler, Luke C. Jeffrey, Damien T. Maher, Scott G. Johnston, Ryo Sugimoto, Douglas R. Tait (2023) Microbiome mediating methane and nitrogen transformations in a subterranean estuary. Environmental Microbiology, https://doi.org/10.1111/1462-2920.16558.

2023/10/31
小浜湾でのフィールド調査とグローバルデータのメタ解析に基づき、沖合からの海底湧水が量的に重要であることを明らかにした論文がScience of the Total Environment誌に受理されました。

Created with Sketch.

Nakajima T, Kuragano M, Yamada M, Sugimoto R (2024) Comparing nearshore and embayment scale assessments of submarine groundwater discharge: significance of offshore groundwater discharge as a nutrient pathway. Science of the Total Environment, in press.

2023/10/22
分担執筆した「図説 日本の湧水―80地域を探るサイエンス―」が朝倉書店から出版されました。

Created with Sketch.

2023/7/26
オーストラリアの原生マングローブにおける地下水中の微生物特性に関する論文がLimnology and Oceanography誌に受理されました。

Created with Sketch.

Euler S, Jeffrey L, Maher D, Johnston S, Sugimoto R, Tait D (2023) Methanogens limited to lower rhizosphere and to an atypical salt marsh niche along a pristine intertidal mangrove continuum. Limnology and Oceanography, DOI: 10.1002/lno.12414. 

2023/6/30
科学研究費補助金・挑戦的研究(萌芽)が採択されました。

Created with Sketch.

科学研究費補助金・挑戦的研究(萌芽)

生物巣穴は浅海域の物質循環に重要か:生態系エンジニアリング効果の定量技術開発
研究代表者:杉本亮、研究分担者:邉見由美
実施期間:2023-06-30 – 2025-03-31

2023/6/8
海底湧水と一次生産の関係を明らかにした論文がMarine Ecology Progress Series誌に掲載されました。

Created with Sketch.

 

Toshimi Nakajima, Takahiro Kusunoki, Yoshitake Takao, Kazumasa Yamada, Katsuhide Yokoyama, Ryo Sugimoto (2023) Saline groundwater discharge accelerates phytoplankton primary production in a Sanriku ria coastal embayment, Japan. Marine Ecology Progress Series, 712:21-34.

2023/5/26
HPを更新しました。

Created with Sketch.